安心と信頼の実績をSEOで

見出し

ホームページを閲覧していると、いくつかの種類の文字の大きさが
あることに気づきます。

seo対策

記事本文はやや小さめの文字ですが、タイトルなどには大きめの文字が
使われています。

ホームページ制作者側は文字の大きさで視覚効果を狙う意図があります。

具体的なHTMLタグとしては、h1,h2,..,h6まで使い分けることができ、
h1が最大でh6が最小の文字となります。
ここに手帳の物販サイトがあったとします。次のような記述が想定されます。

h1:手帳の販売サイト。システム手帳やリフィールなどをお手軽価格で販売中。
h2:扱っている手帳関係の商品。
h3:システム手帳
h3:リフィール
h3:名刺入れ

このようにすればh1が大見出し、h2が中見出し、h3が小見出しとなります。 

さて、先に述べたように文字の大きさは視覚効果を狙う他に、
ホームページ制作者の意図としてはseo対策があります。

Web巡回システムのクローラは、キーワードを重視しますが、
hタグはタイトルに次いで重視していると言われます。

キーワード

hタグには精選した言葉を入れましょう。

ウェブサイトは世の中に本当に星の数ほどあります。

せっかく運営するのであれば、一人でも多くの人に来てもらいたいですよね
少しでも工夫して検索の上位に表示されやすくしましょう。

みてもらうため

Copyright(c) 2017-2020 SEO-master Inc. All Rights Reserved.